再発後TIP療法が奏効した卵巣混合型胚細胞腫瘍の一症例 A case report showing effectiveness of TIP (paclitaxel, ifosfamide, and cisplatin) given as second-line (post-PEP) chemotherapy for a patient with recurrent mixed germ cell tumor of the ovary

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本婦人科腫瘍学会雑誌 = The journal of the Japan Society of Gynecologic Oncology  

    日本婦人科腫瘍学会雑誌 = The journal of the Japan Society of Gynecologic Oncology 26(2), 160-165, 2008-04-25 

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021925335
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11308546
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13478559
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ