多発性筋炎・皮膚筋炎の研究の発展 Recent Research Developments in Polymyositis/Dermatomyositis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  多発性筋炎(polymyositis ; PM)と皮膚筋炎(dermatomyositis ; DM)は,炎症性筋疾患の一つであり,成因は不明だが,自己免疫性疾患と考えられている.PM/DMの筋炎部位の筋組織標本を組織学的・免疫組織学的に検討し,DMはCD4陽性のヘルパーT細胞の活性化とB細胞の産生する抗体で血管炎が起こることによって筋傷害が起こっており,PMはCD8陽性の細胞傷害性T細胞によって筋傷害が起こっていると言われてきた.しかしながら,PMとDMを筋組織学的に区別出来る事はまれである.一方で,筋炎だけのPMに対し,皮膚炎だけのamyopathic DMという症例もあることから,PM/DMは,症例それぞれの程度で筋炎と皮膚炎を発症する,特発性炎症性筋疾患という一つのスペクトラムであるとも提唱されている.現在まで,PM/DMの臨床・基礎研究報告は,全身性エリテマトーデスや関節リウマチと比し,非常に少ない.PMとDMの関係性も結論が出ていない.本項では,PM/DMの成因について,T細胞・B細胞・サイトカインという視点から,近年に報告されている臨床・基礎研究を中心に概観する.<br>

  The idiopathic inflammatory myopathies, polymyositis (PM) and dermatomyositis (DM), are evaluated as systemic autoimmune diseases without the pathology determined. Past immunohistochemical findings suggested that the effector response is driven predominantly by CD4 T cells and by humoral immunity in DM, and by cytotoxic T cells in PM. However, histological observations of muscle tissue do not necessarily distinguish DM and PM. Thus, the two diseases including amyopathic DM might represent a spectrum of illness in which some patients suffer only from a muscle disease or from a skin disease.<br>   In comparison with research studies on other rheumatic diseases, there are much fewer research studies conducted on PM/DM. The relationship between PM and DM is not clear yet. We reviewed past clinical and basic research on the pathology of PM/DM, including research on relevant T cells, B cells and cytokines.<br>

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology  

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 31(2), 85-92, 2008-04-28 

    The Japan Society for Clinical Immunology

参考文献:  80件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021926849
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ