IL-6阻害療法が教えてくれた病態解析と治療への展開 Pathogenic analysis of chronic inflammatory disease based on the clinical results by IL-6 blocking therapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  関節リウマチでは様々な細胞が活性化され,様々なサイトカインやケモカインが産生されている.また,急性期蛋白が発現する.この事実を知らない者はいない.しかしながら炎症における急性期蛋白の発現機序を知る者もいない.今回IL-6分子のみを阻害することによって正常値化したことからCRP及びSerum amyloid A (SAA)の細胞内の発現機序の解明を試みた.肝細胞を用いたin vitro実験ではあるが,あえてIL-6を含む複数のサイトカイン刺激の系を用いて解析した.その結果これらの急性期蛋白の発現にIL-6が必須であり,特にSTAT3の活性化が中心であることを明らかにした.同時にCRPもSAAも今まで言われていないSTAT3の転写機序によって発現することも明らかとなった.更に炎症における転写因子の複合体形成様式から,形成阻害による新たな治療へのアプローチも考えることができた.IL-6治療はIL-6単独阻害であるため,病態におけるIL-6の意義を明らかにし得るとともに,その解析からさらに新しい治療法も展開し得ると考えられる.トシリズマブによる治療では細菌,ウイルスの易感染が1つの不利益である.新たな治療法が可能になればこの問題も解決できるものと思われる.<br>

  Every clinician knows the elevation of acute phase proteins at the inflammatory status, but nobody knows the CRP or SAA induction mechanism on inflammation, in which a lot of cytokines or chemokines are activated. Induction mechanism of CRP and SAA is analyzed based on the result of the normalization of serum CRP or SAA in rheumatoid arthritis by the IL-6 blocking therapy with a humanized anti IL-6 receptor antibody. Ultimately, IL-6 is a pivotal cytokine among IL-6, IL-1 and TNF-a in induction of CRP and SAA in hepatocyte. Furthermore, activation of STAT3, a transcriptional factor under IL-6 signal transduction pathway, is critical on the expression of these mRNAs. Based on this mechanism, the depression of CRP and SAA induction could be explained by the IL-6 blockage both in vitro and in vivo. Therefore, IL-6 blocking therapy may elucidate the pathogenic significance of IL-6 in chronic inflammatory disease.<br>

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology  

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 31(2), 104-112, 2008-04-28 

    The Japan Society for Clinical Immunology

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021926964
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ