細胞表面マーカー 3. Cell Surface Markers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,悪性リンパ腫の細胞表面マーカー検索の一手法としてフローサイトメトリーが実用化され,病理組織切片を使用した免疫組織化学と併用した免疫学的表現型検索が広まりつつある.免疫組織化学ではマーカーの存在を顕微鏡下で確認できるのに対し,フローサイトメトリーで得られる電気的なシグナル情報をもとにした百分率値だけでは判定や評価が困難なこともある.そのため,フローサイトメトリーによってリンパ腫細胞の帰属を決定して診断に役立てるには「二重染色の展開図を読んで異常細胞群を見出す」という読図作業が不可欠であり,検出の効率性と診断精度の向上を求めた工夫が図られている.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(7), 1553-1560, 2008-07-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021930517
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9592388
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ