Hodgkin リンパ腫 1. Hodgkin's Lymphoma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Hodgkinリンパ腫の全病期の予後は,過去30年間に劇的に改善してきているが,これは,多剤併用化学療法の開発によるものが大である.初発限局早期症例にはABVD療法を短コース(4コース)実施した後に病変部位への区域照射(involved field radiotherapy;IFRT(20~30Gy))を実施することが,標準的治療法であり,初発進行期症例にはABVD療法の6~8コースが標準的治療法である.初発進行期で予後不良因子を保有していても,up-frontでの自家造血幹細胞移植併用の大量化学療法の意義はなく,また,化学療法での寛解後に初発時のbulky病変に対して後照射を実施することの有用性もない.多剤併用化学療法による寛解後の,初回再発例や難反応例に対しては,救援化学療法への奏効後の自家末梢血幹細胞移植併用の大量化学療法が標準的治療法である.本稿では,Hodgkinリンパ腫の病態,標準的治療法,研究的治療法について高度なエビデンスを中心にして紹介する.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(7), 1568-1580, 2008-07-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  43件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021930540
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9592393
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ