NK/T細胞リンパ腫 4. NK/T Cell Lymphoma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

NK細胞由来のリンパ腫は1990年代に疾患概念が確立された.節外性NK/T細胞リンパ腫,鼻型は東アジアや中南米に多く,鼻腔とその周辺に好発する稀な疾患で,Epstein-Barr virusが腫瘍細胞に検出される.限局期例では診断後早期の放射線照射(>46Gy)が治療のポイントである.放射線療法・化学療法同時併用療法,およびetoposideとL-asparaginaseを含む化学療法が新規治療として期待されている.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(7), 1595-1601, 2008-07-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021930620
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9592398
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ