神経筋接合部の障害 3. Damages of Neuromuscular Junctions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Lambert-Eaton筋無力症候群(LEMS)は,肺小細胞癌(SCLC)を高率に合併する傍腫瘍性神経症候群の代表例である.また,LEMSは神経終末部でのアセチルコリンの放出障害をその病態の基盤とする神経筋接合部・自律神経疾患でもある.その発症機序としては,SCLCに発現しているP/Q型電位依存性カルシウムチャネル(P/Q型VGCC)に対する免疫反応で生じた自己抗体が,神経終末のP/Q型VGCC量を減少させ,LEMS症状を発現させると推察されている.さらには,LEMS患者の一部では,P/Q型VGCC抗体が血液脳関門を通過して,小脳のP/Q型VGCCを標的抗原として運動失調症を引き起こすと考えられている.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(8), 1778-1783, 2008-08-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021930834
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9621713
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ