抗神経抗体の役割・認識抗原 1. Role of Anti-neural Antibody and Antigen Recognition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

傍腫瘍性神経症候群で血清や脳脊髄液に疾患と腫瘍に特異的な抗神経抗体の存在が明らかになり,その認識抗原も同定されている.細胞表面蛋白を抗原とする疾患では,抗体が発症に関連する可能性が示唆され,免疫治療が効果を示す.他方,細胞内蛋白を抗原とする疾患では,抗体の役割に不明な点が多く,免疫治療の効果も乏しい.抗神経抗体を証明することは,疾患の診断と悪性腫瘍の早期発見,治療法を考える上で重要である.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(8), 1809-1815, 2008-08-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021930912
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9621750
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ