抗チャネル抗体 1. Anti-VGKC Antibodies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

傍腫瘍性神経疾患として,抗電位依存性カリウムチャネル(VGKC)抗体やグルタミン酸をリガンドとするイオンチャネルに対する自己抗体が,辺縁系脳炎の病態に深く関与することが明らかになった.抗VGKC抗体陽性辺縁系脳炎は,約三分の一の症例で胸腺腫や浸潤性胸腺腫を合併する.胸腺腫に対するアプローチと共に,血漿交換やステロイド療法などの免疫療法を併用することで症状の改善が認められる.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(8), 1838-1843, 2008-08-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021931001
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9621905
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ