抗糖脂質抗体 2. Anti-glycolipid Antibodies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

癌細胞は正常細胞の「癌化」に伴い極めて特異な糖鎖構造を獲得する.こうしたものの多くは既に腫瘍マーカーとして臨床の場に応用されている.さらに,癌細胞では通常見られない糖脂質が大量に産生され,その一部は血中にも出現してくることから糖脂質が癌免疫の標的となり得る.一方,これら糖脂質は神経系組織にも豊富に発現しており,神経組織に交差反応を起こして神経障害が発現してくる場合がある.本稿では現在まで明らかとなった抗糖脂質抗体による傍腫瘍性神経症候群の臨床スペクトラムを検証しその実態を明らかにしたい.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(8), 1844-1850, 2008-08-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021931012
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9621914
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ