抗NMDAR抗体 3. Anti-NMDA Antibody

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,卵巣奇形腫に伴った傍腫瘍性脳炎の症例においてNMDA受容体(N-methyl D-aspartate receptor:以下NMDAR)に対する抗体が発見され,新しい傍腫瘍性神経症候群として注目をあつめている.本疾患は悪性のみならず良性の卵巣奇形腫に伴って発症することがある点や、他の傍腫瘍性神経症候群に比べて神経症状の改善が比較的良好である点など、興味深い特徴を有している.本稿は卵巣奇形腫に伴った傍腫瘍性脳炎の臨床的特徴および今後検討すべき点を中心に記載した.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(8), 1851-1854, 2008-08-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021931023
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9621921
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ