選択的動注カルシウム負荷試験によって局在診断を行ったMEN-1型ガストリン産生腫瘍の1例 Multiple endocrine neoplasm type 1-related gastrinomas to use selective arterial calcium injection test for diagnosis of the location

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

MEN-1(Multiple Endocrin Neoprasm-type 1)型は十二指腸や膵臓にガストリノーマを多発する傾向があることが知られている.今回,選択的動注カルシウム負荷試験(Serective Arterial Calcium Injection test;以下SACI test)を行い,画像上確認できなかったマイクロガストリノーマの存在を術前に診断し,切除し得た症例を経験したので報告する.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 97(8), 1882-1884, 2008-08-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021931055
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9622846
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ