閉塞性細気管支炎の現状 Actual Status of Bronchiolitis Obliterans

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

閉塞性細気管支炎は,特発性もしくは様々な原因により末梢気道である細気管支領域の不可逆的閉塞をきたすことにより呼吸不全を呈する疾患である.稀な疾患と考えられていたが,骨髄移植や心肺移植などの移植医療に伴う閉塞性細気管支炎の合併が報告され,新たに注目を集めている.病因は不明であるが,免疫学的気道炎症を背景に,感染性や非感染性の上皮傷害が閉塞性細気管支炎発症に関与すると考えられている.診断は一般に困難であるが,移植患者における早期病変を見つけるためには,肺機能検査が有用と考えられている.確立された治療法はなく,治療の目標は,細気管支での炎症を抑制し安定した状態に保つことである.今後,国内においても移植そのものが増加して行くことが予想されるが,移植に伴う肺合併症としての閉塞性細気管支炎の発症は増加すると考えられる.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 97(8), 1895-1899, 2008-08-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021931079
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    9622904
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ