胆道ステントの現状と展望 THE PRESENT AND PROSPECT OF ENDOSCOPIC BILIARY STENTING

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 謙 ITO Ken
    • 東邦大学医療センター大森病院 消化器内科 Toho University Omori Medical Center Division of Gastroenterology and Hepatology
    • 鈴木 拓也 SUZUKI Takuya
    • 東邦大学医療センター大森病院 消化器内科 Toho University Omori Medical Center Division of Gastroenterology and Hepatology
    • 三村 享彦 MIMURA Takahiko
    • 東邦大学医療センター大森病院 消化器内科 Toho University Omori Medical Center Division of Gastroenterology and Hepatology
    • 岡野 直樹 OKANO Naoki
    • 東邦大学医療センター大森病院 消化器内科 Toho University Omori Medical Center Division of Gastroenterology and Hepatology
    • 三浦 富宏 MIURA Tomihiro
    • 東邦大学医療センター大森病院 消化器内科 Toho University Omori Medical Center Division of Gastroenterology and Hepatology
    • 三木 一正 MIKI Kazumasa
    • 東邦大学医療センター大森病院 消化器内科 Toho University Omori Medical Center Division of Gastroenterology and Hepatology

収録刊行物

  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 50(6), 1427-1435, 2008-06-20 

参考文献:  45件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021937771
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192102
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871207
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ