送水機能付き内視鏡下の電気水圧衝撃波砕石術が有用であった Bouveret 症候群の1例 WATER-JET ENDOSCOPY ALONG WITH ELECTROHYDRAULIC LITHOTRIPSY IS USEFUL FOR DEALING WITH GALLSTONES IMPACTED IN THE DUODENAL BULB (BOUVERET'S SYNDROME)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は90歳,女性.胸痛・嘔吐を主訴に入院した.CT,上部消化管内視鏡検査で胆嚢十二指腸瘻から脱出した胆石を認め,幽門狭窄様症状を呈したBouveret症候群と診断した.送水機能付き内視鏡直視下に電気水圧衝撃波砕石術で一期的な完全砕石が可能であった.上部消化管に脱出した胆石に対する先端フードキャップを装着した送水機能付き内視鏡直視下の電気水圧衝撃波砕石術は,視野が良好にとれて安全かつ容易に処置ができ,有用性が高いと考えた.

A 90-year-old woman was admitted with chest pain and vomiting. She had developed a gastric outlet obstruction (Bouveret's syndrome). On computed tomography and gastrointestinal endoscopy, a gallstone was found to be impacted in the duodenal bulb. The patient was successfully treated by a single session of electrohydraulic lithotripsy used with water-jet endoscopy. Since water-jet endoscopy provides a clear view during electrohydraulic lithotripsy of a gallstone impacted in the gastrointestinal tract, so it facilitates the procedure.

収録刊行物

  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 50(8), 1723-1728, 2008-08-20 

    一般社団法人 日本消化器内視鏡学会

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021938340
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192102
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871207
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ