C型肝炎ウイルス陽性肝がん治療後のインターフェロン投与治療を施行した症例におけるウイルス消失効果とがん再発抑制効果について The possible suppressive effect against the recurrence of HCV-related hepatocellular carcinoma by interferon after curative treatments

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

C型慢性肝疾患患者における肝がんは一旦発生すると根治治療後も肝内転移や多中心性再発が極めて高率におきる.IFNが投与可能となり著効群・肝機能改善群において肝がんの発生率低下作用が報告され,さらに最近では進行肝がんに対する治療として抗がん剤との併用で相加相乗的な有効性も報告されている.そこで今回我々は肝がん治療後にウイルス排除とともにIFN(の抗腫瘍効果)による肝がんの再発予防効果を目的としIFN投与を施行しえた8例について検討した.肝がん治療は初発例1例,再発例7例でIFN投与治療の結果は著効群が4例とそれ以外の群が4例であった.そしてIFN治療後著効群からは2例再発したが,再発腫瘍の治療後を含め全例無再発で極めて予後良好で,著効以外の症例は肝がんの再発を繰り返し対照的な結果であった.肝がんの根治治療後のIFN治療はウイルスが消失した場合,その後の肝がん再発予防に大変重要であると考えられた.<br>

The recurrence rate of HCV-related hepatocellular carcinoma (HCC) is very high even after potentially curative therapies. Such high recurrence rate has been explained by intrahepatic metastasis or multicentric carcinogenesis. Interferon (IFN) therapy is known to reduce the incidence of HCC and also to be very effective when combined with chemotherapy against advanced HCC. Therefore we evaluated how effective IFN was to prevent the recurrence of HCC in consecutive eight patients who was treated with IFN after curative treatment of HCC. Four patients achieved sustained virological response while the remaining four could not eradicate HCV. Prognosis of the 4 responders was very satisfactory (no recurrence of HCC, or a relapsed HCC could be curatively treated), whereas HCC recurred again and again in all of the non-responders. These data indicated that for the suppression of the recurrence of HCC the eradication of HCV by IFN would be very important.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 49(6), 255-259, 2008-06-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021938966
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    9546521
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ