機能性RNAの変遷を通して, siRNAによる肝疾患治療システムの現状と展望を考える To consider an overview and prospect of therapy to hepatocellular injuries by using siRNA through history to the function of non-coading RNAs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 今村 攻 IMAMURA Osamu
    • 順天堂大学大学院・医学研究科環境と人間専攻分子病理病態学 Depart of Molecular Pathogenesis, Juntendo University Graduate School of Medicine
    • 樋野 興夫 HINO Okio
    • 順天堂大学大学院・医学研究科環境と人間専攻分子病理病態学 Depart of Molecular Pathogenesis, Juntendo University Graduate School of Medicine

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 49(6), 282-291, 2008-06-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  72件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021939025
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    9546629
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ