結婚40年後の配偶者間性行為感染が疑われたC型急性肝炎の1例 A case of acute hepatitis C, most likely by interspousal sexual transmission after 40 years of marriage

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

67歳の男性が結婚40年後にC型急性肝炎を発症した.その妻(68歳)がC型慢性肝炎患者であり,C型肝炎ウイルス(HCV)RNAが高力価陽性(>5,000 KIU/m<i>l</i>)であった.両者のHCV遺伝子型はともに1b型で,NS5B領域の1,087塩基長の配列において99.7%の一致率を示した.それに対し,これまでに報告されているHCV/1b株との一致率は最高でも96.7%に過ぎなかった.分子系統樹解析によっても,夫婦の持つHCV株は一つのクラスター(bootstrap値:100%)を形成し,同一株である可能性が強く示唆された.詳細な病歴聴取を行ったが,性交渉(月1, 2回)以外の感染経路はいずれも否定された.高齢夫婦間の感染には加齢に伴う生体側因子が関与していると考えられるが,高齢化社会を迎え,HCV感染者頻度の高い高齢者層でかかるHCV感染が起こる可能性を念頭に置く必要があると考え報告する.<br>

A 67-year-old man contracted acute hepatitis C after 40 years of marriage, who had no discernible risk factors for acquiring hepatitis C virus (HCV) infection, except that he had a monogamous sexual relationship (once or twice a month) with his wife with chronic hepatitis C who was infected with HCV of the same genotype (1b) and had a high-titer HCV RNA in the serum (>5,000 KIU/m<i>l</i>). The HCV isolates from the patient and his wife shared 99.7% identity in the 1,087 nucleotide (nt) sequence of the NS5B region, although these two isolates were only 96.7% identical to the 98 reported genotype 1b isolates. Phylogenetic analysis of the 1,087-nt sequence revealed that the two isolates segregated into a cluster with a bootstrap value of 100%. These results suggest that the patient had acquired HCV infection from his wife, most likely by interspousal sexual transmission.<br>

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA  

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 49(8), 352-361, 2008-08-25 

    The Japan Society of Hepatology

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021939311
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • NDL 記事登録ID
    9620355
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-130
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ