当センターにおける肛門管 epidermoid cancer に対する放射線・化学放射線療法施行症例の検討 Evaluation of Radiotherapy and Chemoradiotherapy for Anal Canal Epidermoid Cancer in Our Center

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小原 邦彦 OBARA K.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 佐原 力三郎 SAHARA R.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 山名 哲郎 YAMANA T.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 岡本 欣也 OKAMOTO K.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 高橋 知子 TAKAHASHI T.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 古川 聡美 FURUKAWA S.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 岡田 大介 OKADA D.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 金古 康 KANEKO Y.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital
    • 松本 敦夫 MATSUMOTO A.
    • 社会保険中央総合病院大腸肛門病センター Center for Coloproctology, Social Insurance Central Hospital

抄録

目的: 当科で経験した肛門管epidermoid cancerに対する放射線療法(RT)および化学放射線療法(CRT)に関して有効性,安全性について検討した.方法: 1988年から2006年までに当センターで経験した肛門管epidermoid cancerに対するRT施行例13例およびCRT施行例11例の計24例における有害事象,肛門温存率,5年局所制御率,5年生存率,5年無再発生存率に関して検討した.結果: Grade3以上の有害事象に関してはRT群で認めなかったが,CRT群では食欲不振33.3%,下痢10%,好中球減少33.3%,貧血10%の頻度であった.全症例における肛門温存率は66.7%,5年局所制御率は73%,5年生存率は88.4%,5年無再発生存率は77.5%であった.結論: 肛門管epidermoid cancerに対して安全性,有効性の面から本邦においても放射線および化学放射線療法が第一選択治療としてふさわしいと考えられた.<br>

Objective: The efficacy and safety of radiotherapy (RT) and chemoradiotherapy (CRT) for anal canal epidermoid cancer were evaluated.<br> Methods: Twenty-four patients with anal canal epidermoid cancer were treated in our center between 1988 and 2006, consisting of 13 patients treated by RT and 11 by CRT. In these patients, the efficacy and safety of RT and CRT were evaluated in terms of adverse events, 5-year local control rates, 5-year disease-free survival rates, and 5-year survival rates.<br> Results: No grade 3 or higher adverse events were noted in patients receiving RT. In contrast, anorexia, diarrhea, neutropenia, and anemia were observed in 33.3%, 10%, 33.3%, and 10%, respectively, of the patients receiving CRT. The anal preserving rate, 5-year local control rate, 5-year disease-free survival rate, and 5-year survival rate were 66.7%, 73%, 77.5%, and 88.4%, respectively.<br> Conclusion: RT and CRT for anal canal epidermoid cancer should be first-line treatments because of their safety and efficacy.<br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(5), 221-227, 2008-05-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021941380
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ