大腸癌治療ガイドラインに対する認識度調査 : 本施設での普及へのアプローチ Examination of Degree of Recognition of Colorectal Cancer Treatment Guidelines

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 池永 雅一 IKENAGA M.
    • 国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 三嶋 秀行 MISHIMA H.
    • 国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 安井 昌義 YASUI M.
    • 国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 宮崎 道彦 MIYAZAKI M.
    • 国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 中森 正二 NAKAMORI S.
    • 国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 辻仲 利政 TSUJINAKA T.
    • 国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital

抄録

目的: 当院での大腸癌治療ガイドラインに対する認識度をテスト問題形式にて調査した.対象と方法: がん診療に携わる消化器外科医19人と消化器内科医12人を対象にした.大腸癌治療ガイドラインの8つの項目より合計25問の正誤式のテスト問題を作成し,回答する.その上で本ガイドラインを一読の上,再テスト形式で回答し,その正解率につき検討した.結果: 一読前の正解率は,外科医が69.5%,消化器内科医が64.7%であった.一読後は各々83.8%,80.7%と上昇し,合計でも67.8%から83.2%へと上昇していた.ただし化学療法の項目だけが変化なく40%と低かった.結語: 認識度調査としてテスト問題を施行することをきっかけに,認識度の上昇を認めた.当院では外科医·消化器内科医の全員が本ガイドラインを読んだこととなり,ガイドラインの普及に役だったと考えられた.<br>

Purpose: We investigated the degree of recognition of colorectal cancer treatment guidelines by examination questions.<br> Methods: For 19 surgeons and 12 internal physicians, we prepared 25 examination questions related to these guidelines. After answering these questions, they were asked to read the guidelines and then to answer the same questions again.<br> Results: Before reading the guidelines, the rate of correct answers was 67.8% overall. After reading, the rate increased to 83.2%. However, only the rate of correct answers to the question related to chemotherapy remained unchanged (40%).<br> Conclusion: By being asked to answer examination questions, all surgeons and internal physicians in our hospital have read the guidelines, thus increasing awareness of the guidelines.<br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(5), 228-234, 2008-05-01

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021941405
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ