拠点病院におけるHIV陽性肛門疾患に対する治療成績と現況 Results of Treatment and Points of Management for HIV-positive Patients with Anal Diseases in Central AIDS Medical Centers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 宮崎 道彦 MIYAZAKI Michihiko
    • 独立行政法人国立病院機構・大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 三嶋 秀行 MISHIMA Hideyuki
    • 独立行政法人国立病院機構・大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 池永 雅一 IKENAGA Masakazu
    • 独立行政法人国立病院機構・大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 安井 昌義 YASUI Masayoshi
    • 独立行政法人国立病院機構・大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 中森 正二 NAKAMORI Shoji
    • 独立行政法人国立病院機構・大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 辻仲 利政 TSUJINAKA Toshimasa
    • 独立行政法人国立病院機構・大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital

抄録

目的:当院外科ではHIV陽性患者への専門治療の提供を2005年7月に開始した.今回,治療成績と管理に関するポイントについて紹介する.対象と方法:2007年6月までに尖圭コンジローム32例(70%),痔瘻(肛門周囲膿瘍)8例(17%),痔核3例(7%),肛門ポリープ1例(2%),フルニエ症候群1例(2%),肛門癌1例(2%),計36例(全例男性)である.治療うちわけは手術45例,化学放射線療法1例であり,以上を対象としretrospectiveに検討した.すべて当院免疫感染内科通院中であった.結果:後出血1例と再発2例(尖圭コンジローム)を認めた.構想と提案:HIV陽性患者の肛門疾患の外科治療は手技的な面よりも治療をとりまく環境整備が重要であり,他の感染患者と同様に扱うべきである.<br>

Purpose: We have opened an anorectal clinic for HIV-positive patients since July 2005, and introduce points for treatment at this time.<br> Patients: We examined thirty-two cases (70%) of condyloma acuminatum, eight cases (17%) of anal fistula (perianal abscess), three cases (7%) of hemorrhoids, one case (2%) of anal polyp, one case (2%) of Fourier' gangrene (necrotizing fasciitis), and one case (2%) of anal cancer, total 36 cases (all cases were men). These cases were treated with a total of forty-five operations, and one chemoradiation therapy as of June 30, 2007. All patients visited our hospital for the treatment at the HIV clinic.<br> Results: One patient had postoperative bleeding and two patients had recurrent condyloma acuminatum.<br> Design and suggestion: It is more important to set up a proper environment than to prepare a special technique. Surgery for HIV-positive patients with anal diseases should be managed in a manner similar to that of patients with other infectious diseases.<br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(6), 285-290, 2008-06-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021941562
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ