クローン病に対するPET検査の有用性の検討 Usefulness of FDG-PET for Crohn's Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

クローン病(以下CD)に対するFDG-PET検査の有用性について検討した.吻合部狭窄を含めた狭窄病変はFDG-PET検査で比較的明瞭に表現されたが,成人例では造影検査がFDG-PET検査よりも特異性が高く,有用性は否定的であった.癌合併症例のFDG-PET検査の陽性率は50%であり,陽性率が低い原因としてはCDに合併する癌に粘液癌が多いことも関与している可能性があると思われた.局所再発に関してはFDG-PETよりもMRIの方が周囲臓器との位置関係,浸潤範囲の診断に有用であると思われた.直腸肛門病変に対するFDG-PET検査は,低侵襲に瘻孔の走行および一次口の検索が可能である症例もあるが,サーベイランスに関しては診断の精度,費用等を考慮すると,サーベイランスプログラムに組み込む検査としては適切ではないものと思われた.<br>

We examined the usefulness of FDG-PET for Crohn's disease (CD). Stenosis lesions including anastomotic stricture were expressed relatively clearly in FDG-PET examination findings. However, in adult patients, the usefulness of FDG-PET was negatively implicated, as contrast studies showed greater specificity. In cases complicated with cancer, the positive rate for FDG-PET was 50%. Our findings suggested that the high prevalence of mucous carcinoma cases among subjects with cancer complicated with CD might be the cause of the low positive rate. As for local recurrence, it was considered that MRI was more useful for diagnosing the positional relationship with surrounding organs and range of infiltration. Nevertheless, FDG-PET can be a useful minimally invasive technique for searching the running and primary opening of the fistula in anorectal lesions. We concluded that it was inappropriate to incorporate FDG-PET into our surveillance program after taking the precision and costs of diagnosis into account.<br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(6), 303-310, 2008-06-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021941633
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ