がん専門施設における緊急手術症例にかかわる大腸外科医の窮状 Emergency Abdominal Surgery in Cancer Center Hospital : Burden on Colorectal Surgeons

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 池永 雅一 IKENAGA Masakazu
    • 独立行政法人国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 三嶋 秀行 MISHIMA Hideyuki
    • 独立行政法人国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 安井 昌義 YASUI Masayoshi
    • 独立行政法人国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 宮崎 道彦 MIYAZAKI Michihiko
    • 独立行政法人国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 中森 正二 NAKAMORI Shoji
    • 独立行政法人国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital
    • 辻仲 利政 TSUJINAKA Toshimasa
    • 独立行政法人国立病院機構大阪医療センター外科 Department of Surgery, National Hospital Organization Osaka National Hospital

抄録

目的: がん専門施設における緊急手術症例にかかわる大腸外科医の現状につき検討した.方法: 2003年5月より2006年12月までがん専門医がかかわった消化器外科としての全身麻酔手術症例は3,252例.そのうち腹部緊急手術症例は139例(4.3%)であった.腹部緊急手術症例の臨床的特徴およびそれに携わる外科医の現状について検討した.結果: 緊急手術となった原因疾患は,急性虫垂炎36例,腸閉塞15例,腸穿孔15例,炎症性腸疾患10例など下部消化管にかかわる疾患が多かった.担当医は大腸外科医が43例と最多であった.結語: 多くの大腸外科医は,外来·手術のみならず,内視鏡検査,化学療法,さらに緩和医療まで広く携わっている.予定業務だけでも仕事量は増加している上に,緊急手術となるとその負担は無尽蔵となる.医療の質の確保やリスクマネージメントを考慮し,業務分担が必要と考えられた.<br>

Purpose: We studied the actual conditions of abdominal emergency operations at a cancer center hospital.<br> Methods: Between May 2003 and December 2006, we performed 139 abdominal emergency operations (4.3%), of a total of 3,252 operations. We clarified the clinical characteristics of the abdominal emergency operations.<br> Results: The cases of emergency operation, which included 36 for acute appendicitis, 15 for ileus, 15 for intestinal perforation, and 10 for inflammatory bowel disease, were almost all lower intestinal disease, and the operations were performed by a specific colorectal surgeon.<br> Conclusion: Emergency operations place a large burden on most colorectal surgeons, who take part in outpatient examination, operation, endoscopic examination, chemotherapy and palliative care. Emergency operations added to their scheduled work. It is necessary to share the work, in order to maintain the quality of medical treatment and risk management.<br>

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 61(6), 311-314, 2008-06-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ