腹腔鏡下胆嚢摘出術に対する3泊4日クリニカルパスの有用性 A 4-DAY ADMISSION CLINICAL PATHWAY FOR LAPAROSCOPIC CHOLECYSTECTOMY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 勉 SATO Tsutomu
    • 横浜市立大学市民総合医療センター消化器病センター外科 Department of Surgery, Gastroenterological Center, Yokohama City University
    • 永野 靖彦 NAGANO Yasuhiko
    • 横浜市立大学市民総合医療センター消化器病センター外科 Department of Surgery, Gastroenterological Center, Yokohama City University
    • 金澤 周 KANAZAWA Amane
    • 横浜市立大学市民総合医療センター消化器病センター外科 Department of Surgery, Gastroenterological Center, Yokohama City University
    • 諏訪 宏和 SUWA Hirokazu
    • 横浜市立大学市民総合医療センター消化器病センター外科 Department of Surgery, Gastroenterological Center, Yokohama City University
    • 中嶌 雅之 NAKASHIMA Masayuki
    • 横浜市立大学市民総合医療センター消化器病センター外科 Department of Surgery, Gastroenterological Center, Yokohama City University
    • 山本 直人 YAMAMOTO Naoto
    • 横浜市立大学市民総合医療センター消化器病センター外科 Department of Surgery, Gastroenterological Center, Yokohama City University
    • 藤井 正一 FUJII Shouichi
    • 横浜市立大学市民総合医療センター消化器病センター外科 Department of Surgery, Gastroenterological Center, Yokohama City University
    • 國崎 主税 KUNISAKI Chikara
    • 横浜市立大学市民総合医療センター消化器病センター外科 Department of Surgery, Gastroenterological Center, Yokohama City University
    • 嶋田 紘 SHIMADA Hiroshi
    • 横浜市立大学大学院消化器病態外科 Department of Gastroenterological Surgery, Yokohama City University

抄録

目的:腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)に対し2004年より導入した在院期間を3泊4日に短縮したクリニカルパス(CP)と導入前の6泊7日CPと比較し,前者の有用性について検討した.対象・方法:対象は97例.CP変更前の2003年1月~2004年6月をA群(6泊7日:42例),CP変更後の2004年7月~2006年5月をB群(3泊4日:55例)としてバリアンス分析,および再入院率,医療費を検討した.結果:バリアンス発生率(A群:19.0%,B群:21.8%)はA群,B群間で有意差を認めなかった.退院後30日以内の予定外外来受診症例はA群,B群共に1例づつに認め,再入院症例は両群共に認めなかった.平均総医療費は,B群(491,003円)はA群(575,507円)と比較して有意に低く,平均1日単価は,B群(157,466円)がA群(95,603円)と比較し有意に高かった(P<0.05).結語:LCにおいて3泊4日CPは6泊7日CPに比べ,バリアンス発生率・再入院率に差はなかった.在院期間を短縮しても安全に運用でき,医療経済面でも有用であった.

Purpose : The purpose of this study was to evaluate the usefulness of a 4-day admission clinical pathway (CP) for laparoscopic cholecystectomy (LC), comparing with a 7-day admission CP. Patients and Methods : We compared 42 patients who had undergone LC by the 7-day admission CP (Group A ; from January 2002 to June 2004), with 55 patients by the 4-day admission CP (Group B, from July 2004 to May 2006). Results : Incidence of variance was almost the same in both groups (Group A vs Group B=19.0% vs 21.8% without significant difference). There was no rehospitalization within 30-days after discharge in both groups. Total hospital fee, and hospital fee per day in Group A versus Group B were 575,507 vs. 491,003 yens and 95,603 vs. 157,466 yens, respectively (p<0.05). Conclusions : The 4-day admission CP was comparable with the 7-day admission CP in terms of the incidence of variance and re-hospitalization episode. The 4-day admission CP for LC is safe even though it shortens the duration of hospital stay and is useful from a medical cost-performance aspect.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 69(7), 1573-1577, 2008-07-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021944325
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ