再燃時に縦隔膿瘍を形成した肺ノカルジア症の1例 RECURRENT PULMONARY NOCARDIOSIS WITH MEDIASTINAL ABSCESS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は72歳,女性.既往歴に特筆事項なく健常者であった.2007年3月に発熱あり,近医にて肺炎として加療され軽快した.同年4月,再度発熱を生じ前医に入院となった.胸部CTにて中縦隔に嚢胞様の腫瘤を認め,CRPも22.3mg/mlと上昇しており,当院へ紹介となった.入院時検査所見で高度の炎症反応と,胸部CTで大動脈基部右側に約4cm大の辺縁がリング状に造影される腫瘤を認めた.縦隔膿瘍を疑い,胸腔鏡下縦隔ドレナージ術を行った.排液の培養検査でNocardia asteroidesを認め肺ノカルジア症と診断した.術後にミノマイシンとST合剤の投与を6カ月間行うこととし,軽快退院した.6カ月後の現在,再燃を認めない.肺ノカルジア症は一般にcompromized hostに発症するが,健常者にも発症することがある.本症は治療が遅れ他臓器に播種した場合,予後が著しく不良であり注意を要する.

A 72-year-old woman had been treated as pneumonia. One month later she was admitted to our hospital because of fever and an abnormal shadow in a chest X-ray. Chest CT revealed an abnormal shadow in the mediastinum. Mediastinal abscess was clinically suspected, so drainage was performed under thoracoscopy. Nocardia asteroides was detected in the drain discharge. Sulfamethoxazole-trimethoprim and minocycline were administered, and the clinical findings improved. It is difficult to diagnose pulmonary nocardiosis early, but prompt use of a gram-staining test may be useful for making diagnosis clinically.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 69(7), 1647-1650, 2008-07-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021944529
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ