左横隔膜内伏針の1例 A CASE OF REMOVAL OF A FOREIGN BODY (SEWING NEEDLE) AT THE LEFT DIAPHRAGMA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 今井 健一郎 IMAI Kenichiro
    • 東京女子医科大学八千代医療センター肝胆膵外科 Department of Hepato-biliary Pancreatic Surgery, Tokyo Women's Medical University Yachiyo Medical Center
    • 新井田 達雄 ARAIDA Tatsuo
    • 東京女子医科大学八千代医療センター肝胆膵外科 Department of Hepato-biliary Pancreatic Surgery, Tokyo Women's Medical University Yachiyo Medical Center
    • 鬼澤 俊輔 ONIZAWA Shunsuke
    • 東京女子医科大学八千代医療センター肝胆膵外科 Department of Hepato-biliary Pancreatic Surgery, Tokyo Women's Medical University Yachiyo Medical Center
    • 曽根 康之 SONE Yasuyuki
    • 東京女子医科大学八千代医療センター胸部外科 Department of Thoracic Surgery, Tokyo Women's Medical University Yachiyo Medical Center

抄録

症例は46歳,女性.検診の胸部X線検査で,左横隔膜付近の針状陰影を指摘された.胸部CT検査では,左胸壁に2cm長,左横隔膜内に4cmの針状陰影を認めた.伏針の診断で,全身麻酔下で摘出術を行った.左胸壁の伏針は皮下に留まっており,透視下に摘出した.横隔膜内の伏針に対しては,剣状突起縦切によるアプローチで,透視下に摘出した.摘出標本は1本の裁縫針で,左胸壁から侵入し,体内で折針して横隔膜内に進んだと推察された.

A 46-year-old woman presented with a foreign body by way of, a needle-shaped metallic image detected in the left diaphragma on her chest x-ray during a health examination. Computed tomography showed two metallic images at the left diaphragma and the left chest wall. The surgical removal of the foreign body (sewing needle) was performed under the X-ray image. The postoperative course was uneventful, and she was discharged on the 4<SUP>th</SUP> postoperative day.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 69(7), 1655-1657, 2008-07-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021944551
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ