十二指腸傍乳頭憩室穿孔の1例 A CASE OF PERFORATION OF PARADUODENALPAPILLARRY DIVERTICULUM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は76歳,女性.急性胆嚢炎の疑いで他院より紹介受診した.当院腹部CTにて後腹膜気腫像を認め,十二指腸穿孔・後腹膜膿瘍の診断で緊急手術を施行した.十二指腸下行脚内側に直径2cm大の壊死に陥っている嚢胞性病変を認め,嚢胞壁切開とドレナージ術を施行し,手術を終了した.十二指腸憩室穿孔の可能性を考えたが,画像で証明できず確定診断には至らなかった.術後のドレーンからの造影で,術中には証明できなかった十二指腸憩室と十二指腸が描出され,十二指腸憩室穿孔であることが判明した.診断に苦慮したものの,ドレナージ術で治癒した十二指腸傍乳頭憩室穿孔の1例を経験したので報告する.

A 76-year-old female patient was referred to our hospital with diagnosis of suspicious acute cholecystitis. CT study revealed retroperitoneal emphysema and possible duodenal perforation or retroperitoneal abscess was suspected and an emergent operation was performed. A necrotic cystic mass of 2cm in diameter was found in the descending part of the duodenum and the wall of the cystic mass was incised and a drainage was performed. Possible perforation of the duodenal diverticulum was considered but the definite diagnosis was not established without proof in the intraopretive image findings. Postoperative image study through the drain visualized duodenum and the presence of a duodenal diverticulum. We report a case of perforation of paraduodenalpapillary diverticulum managed with a drainage.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 69(7), 1663-1667, 2008-07-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021944572
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ