下行結腸皮膚瘻を形成した大腸憩室炎の1例 A CASE OF A COLOCUTANEOUS FISTULA CAUSED BY DIVERTICULITIS OF THE DESCENDING COLON

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は44歳,男性.左鼠径部の腫脹を主訴として入院になり,左鼠径部に膿瘍を形成した.膿瘍の切開により糞便の排出があり,この部分に瘻孔を形成した.検査の結果,大腸憩室炎による下行結腸皮膚瘻であった.横行結腸人工肛門を造設し保存的に瘻孔の閉鎖をはかったが瘻孔は閉鎖せず,3期的に結腸切除術を行うことにより治癒した.切除された腸管には瘻孔が形成されており,腸管壁は肥厚し内腔狭窄を起していた.大腸憩室炎による結腸皮膚瘻は非常に稀な疾患であり,若干の文献的考察を加えてここに報告する.

A 44-year-old man was admitted to the hospital because of an abscess of the left inguinal region. An incision of the abscess yielded elimination of feces and a fistula was formed at this place. Fistulography revealed a colocutaneous fistula due to diverticulitis of the descending colon. Transverse colostomy reduced the colocutaneous fistula, but the fistula did not close. Partial colectomy was performed and the resected colon revealed fistula formation, wall thickening and stenosis of the cavity. Pathological findings were consistent with those of diverticulitis of the colon, and had no evidence of specific inflammation or inflammatory bowel disease. <BR>We report a case of a colocutaneous fistula due to diverticulitis of the colon that is a rare entity.

収録刊行物

  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association  

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 69(7), 1712-1716, 2008-07-25 

    Japan Surgical Association

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021944739
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11189709
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13452843
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ