重度変形性膝関節症患者の膝関節位置覚に対する装具療法の効果 Effect of Prosthesis on Knee Proprioception for Patients with Severe Knee Osteoarthritis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 青木 修 AOKI OSAMU
    • 兵庫県立西播磨総合リハビリテーションセンター リハビリテーション西播磨病院 リハビリ療法部 Department of Rehabilitation, Rehabilitation Nishi-Harima Hospital, Hyogo Prefectural Rehabilitation Center at Nishi-Harima

抄録

[目的]変形性膝関節症(以下,膝OA)患者の膝関節位置覚は健常高齢者に比べ低下しているかを検討した。また膝OA患者に対し,局所圧迫を加える膝装具が位置覚に与える影響を検討した。[対象]対象は膝OA患者20名,健常高齢者20名であった。[方法]測定は角度測定ができるよう改良した持続的他動運動装置を用い,膝OA患者および健常高齢者の位置覚を測定した。膝OA患者に対してはさらに,膝装具を装着した状態でも位置覚を測定した。[結果]膝OA患者は健常高齢者に比べ,位置覚は低下していた。膝OA患者は装具装着により位置覚の改善がみられた。[結語]膝OA患者では装具装着により位置覚が改善するという,限局的な面においては装具が有効であることが示された。<br>

[Purpose] In this study, we investigated whether prosthesis improves proprioception or not in patients with knee osteoarthritis (OA). We inspected knee proprioception among people with knee OA and age matched controls, and also examined knee proprioception in knee OA patients with or without prosthesis. [Subjects] Twenty knee OA patients and 20 controls participated in this study. [Methods] We measured knee proprioception with modified continuous passive motion. [Results] Knee OA patients had worse proprioception than controls. Prosthesis improved knee proprioception in knee OA patients. [Conclusion] From the point of view of proprioception, prosthesis was beneficial for knee OA patients.<br>

収録刊行物

  • 理学療法科学  

    理学療法科学 23(4), 491-494, 2008-08-20 

    The Society of Physical Therapy Science

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021949230
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472896
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13411667
  • NDL 記事登録ID
    9628362
  • NDL 雑誌分類
    ZF21(教育--体育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1893
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ