胃食道静脈瘤合併アルコール性肝硬変における硬化療法前後の肝機能の検討 Comparison with Liver Function between before and after Endscopic Injection Sclerotherapy and Baloon-Occulded Retrograde Transvenous Obliteration in Patientsin with Alcoholic Liver Cirrhosis

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence  

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4), 442-443, 2008-08-28 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021950619
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ