四塩化炭素は何を刺激して肝線維化を誘導するか ERK phosphorylation and ER stress play crucial roles in carbon tetrachloride-induced hepatic fibrosis

この論文をさがす

著者

    • 今林 貴代美 IMABAYASHI Kiyomi
    • 札幌医科大学 法医学・アルコール医学 Department of Legal Medicine and Molecular Alcohology, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 西谷 陽子 NISHITANI Yoko
    • 札幌医科大学 法医学・アルコール医学 Department of Legal Medicine and Molecular Alcohology, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 藤井 健一 FUJII Kenichi
    • 札幌医科大学 法医学・アルコール医学 Department of Legal Medicine and Molecular Alcohology, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 岡崎 俊一郎 OKAZAKI Shunichiro
    • 札幌医科大学 法医学・アルコール医学 Department of Legal Medicine and Molecular Alcohology, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 片田 竜一 KATADA Ryuichi
    • 札幌医科大学 法医学・アルコール医学 Department of Legal Medicine and Molecular Alcohology, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 松本 博志 MATSUMOTO Hiroshi
    • 札幌医科大学 法医学・アルコール医学 Department of Legal Medicine and Molecular Alcohology, Sapporo Medical University School of Medicine

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence  

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 43(4), 498-499, 2008-08-28 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021950639
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ