呼吸器感染症治療におけるDDSの現況 The current state of DDS for respiratory tract infection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 河野 茂 KOHNO Shigeru
    • 長崎大学医学部第二内科 Second Department of Internal Medicine, Nagasaki University Graduate School of Medical Sciences

抄録

呼吸器感染症は臨床的にきわめて重要な疾患であり,新薬の開発や既存薬のDDS製剤化が行われている.マクロライド系抗菌薬のアジスロマイシン(AZM)のマイクロスフェア製剤であるAZM-SRは,長時間の体内動態を獲得し,1回の投与で1週間効果が持続する.コンプライアンス向上や薬剤耐性菌抑制に寄与できる.アムホテリシンBが本来有している抗真菌作用を損なうことなく,副作用を軽減させる目的で,リポソーム製剤が開発された.すでに臨床応用されており,深在性真菌症の治療に大きく貢献している.臨床応用を目指したアミカシンの新規吸入薬ならびに吸入装置は,耐性菌感染症に対する新規治療法として期待される.

According to the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare (MHLW), pneumonia is the fourth leading cause of death in Japan. Respiratory tract infection such as pneumonia is important for the elderly patients. Thus, the development of DDS with the aim of reducing the frequency of dosing and improving compliance is also suggestive of a new trend for DDS in the field of treating Respiratory tract infection.<BR>Azithromycin-SR will be released as the choice for community-acquired pneumonia in near future. Liposomal amphotericin B for empirical therapy in patients with deep seated mycosis is useful for clinicians. Inhaled amikacin and the new pulmonary drug delivery system have been expected as the new treatment for the patients infected with resistant bacteria.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 23(4), 448-453, 2008-07-30 

    日本DDS学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021950712
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    9601246
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ