肺への遺伝子デリバリー Gene delivery to the lung

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 向井 英史 MUKAI Hidefumi
    • 京都大学大学院薬学研究科薬品動態制御学分野 Department of Drug Delivery Research, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University
    • 川上 茂 KAWAKAMI Shigeru
    • 京都大学大学院薬学研究科薬品動態制御学分野 Department of Drug Delivery Research, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University
    • 橋田 充 HASHIDA Mitsuru
    • 京都大学大学院薬学研究科薬品動態制御学分野 Department of Drug Delivery Research, Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Kyoto University

抄録

急性呼吸窮迫症候群や喘息など,重要な肺疾患は多数あるが,疾患の機構解明が進んでおり,単一遺伝子導入により治療効果が得られると期待される,嚢胞性線維症やα-1-アンチトリプシン欠乏症と,肺がんに対して遺伝子治療臨床試験が先行している.肺は,経血管投与または経気道投与により,比較的容易に非侵襲的遺伝子デリバリーが達成されうると期待される臓器であり,デリバリー上の生体障壁,遺伝子産物である蛋白の動態的および機能的性質,繰り返し投与の必要性などを総合的に考慮して,投与経路,ベクターを選択・製剤化し,各疾患に対しさらに最適化したデリバリーシステムを構築していくことにより,将来の肺疾患に対する遺伝子治療実現に繋がるものと考えている.<BR>本稿では,デリバリーの観点から,遺伝子治療の対象となる肺疾患の治療遺伝子・標的細胞,また,肺の構造について整理し,肺への遺伝子デリバリー技術の現状について概説する.

The lung is one of the most important target organs for gene therapy because there are many genetic and acquired lung diseases, for which there are no effective treatment protocols. In particular, clinical trials of gene therapy for cystic fibrosis, α-1-antitrypsin deficiency and lung cancer are being carried out. This reason is that the mechanism of these diseases is comparatively clear and therapeutic effect is hoped to be obtained by single gene administration. The lung is non-invasively accessible through the vasculature and airways, and therefore, the realization of gene therapy will be achieved by the development of more suitable gene delivery system for individual lung diseases in the near future. In this article, we collect the information of therapeutic gene and target cells for lung diseases and structure of lung from the point of view of gene delivery. Additively, current status of gene delivery technology to the lung is reviewed.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 23(4), 454-459, 2008-07-30 

    日本DDS学会

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021950724
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    9601260
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ