リポソームの吸入療法への応用 Application of liposome technology for inhalation therapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 川上 亘作 KAWAKAMI Kohsaku
    • 生体材料センター生体材料システム化グループ Biomaterials System Group, Biomaterials Center, National Institute for Materials Science
    • 金岡 恵理 KANAOKA Eri
    • 塩野義製薬(株)新薬研究所薬物動態研究部門 Drug Metabolism & Pharmacokinetics, Developmental Research Laboratories, Shionogi & Co., LTD.

抄録

経肺投与は,さまざまな肺疾患に対してきわめて効率のよい薬物投与が期待されるが,製剤をリポソーム化することによって,さらに魅力的な製剤を設計することができる.リポソーム吸入剤はすでに臨床試験も行われており,近い将来の実用化も夢ではない.本稿では,リポソーム吸入剤の製剤設計に関する研究や臨床試験の動向について,最近の知見を紹介する.

Inhalation therapy, which is regarded as highly effective administration methodology for various pulmonary diseases, can be more fascinating by employing liposomal technology. Clinical studies on liposomal inhalable formulations are already ongoing, and thus they may become available in near future. In this review, recent results on the formulation development studies and current status on their clinical applications are summarized.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 23(4), 460-466, 2008-07-30 

    日本DDS学会

参考文献:  35件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021950749
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    9601269
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ