結核治療を目的とした経肺吸収製剤 Pulmonary drug delivery systems for the treatment of tuberculosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エイズ,結核,マラリアは世界3大難治性感染症である.エイズはHIVウイルス,結核は結核菌,マラリアはマラリア原虫に感染して引き起こされる.本稿では,結核治療のためのDDSについて概説する.結核菌は生体内に侵入後,マクロファージに貪食されるが,消化されずにマクロファージ内部で増殖する.筆者らは,病原菌が寄生したマクロファージに容易に認識貪食されることによってマクロファージ内部に充分量の薬物を送達し,マクロファージを活性化するDDSを検討している.

As Asia has been suffered greatly from various infectious diseases, such as tuberculosis, AIDS and malaria, it is very important to establish the efficient drug delivery system(DDS) against these diseases. Tuberculosis is caused by <I>Mycobacterium tuberculosis</I>, AIDS is by human immunodeficiency virus (HIV) and malaria is by plasmodium. In this review article, DDS for the treatment of tuberculosis will be presented. Tubercle bacilli are phagocytosed by macrophages but are not digested. To overcome this problem, we have started with two strategies, 1) develop a dosage form/formulation of DDS making pathogens more easily to be phagocytosed by macrophages, 2) activate the phagocytotic capacity of pathogen -infected macrophages.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 23(4), 474-480, 2008-07-30 

    日本DDS学会

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021950802
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    9601298
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ