当院における経肛門的直腸異物症例の検討 Study of Trans-anal Rectal Foreign Body

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平成 13 年 10 月から平成 19 年 9 月までの 6 年間に,当院で経験した経肛門的直腸異物症例 5 例と過去10 年間の本邦報告 27 例を対象とし,臨床的特徴と摘出方法について検討した.40 代から 50 代男性の性的倒錯によるものが多く,主訴は異物摘出困難が多かった.診断には単純腹部 XP と骨盤 CT が有効であった.当院症例における摘出方法は,経肛門的摘出が 3 例,開腹手術が 1 例,開腹下経肛門的摘出が 1 例で,麻酔法は腰椎麻酔のみが 1 例,全身麻酔のみが 2 例,腰椎麻酔・全身麻酔併用 1 例,無麻酔 1 例であった.異物が大きいほど肛門括約筋を弛緩させるために麻酔を必要とした.経肛門的直腸異物は,腹部単純 XP や骨盤 CT にて異物の大きさ,種類,挿入位置を正確に把握し,麻酔の有無や開腹の適応を決定する必要があると考えられた.

Trans-anal rectal foreign body is rare disease in clinical practice. Therefore, it is difficult sometimes to diagnose and treat. Herein, we report five cases of trans-anal rectal foreign body in our hospital over the past 6 years and review the literature over the past 10 years. Trans-anal rectal foreign body was most often reported in males in their 40s and 50s with sexual deviation. Most of their chief complaints were nonextraction of the rectal foreign body. Abdominal X-ray and computed tomography (CT) was useful for the diagnosis of rectal foreign body. In our cases, the extraction methods of the foreign body were trans-anal extraction in 3 cases, open surgery in 1 case, trans-anal with laparotomy in 1 case, and most large foreign bodies required general or lumbar anesthesia. We suggested that it is necessary to determine the indication for the operation and anesthesia after accurately diagnosing the size, the kind and the position of the foreign body by X-ray or CT.

収録刊行物

  • 日大醫學雜誌  

    日大醫學雜誌 67(4), 226-229, 2008-08-01 

    NIHON UNIVERSITY MEDICAL ASSOCIATION

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021952233
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018408X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    00290424
  • NDL 記事登録ID
    9620902
  • NDL 雑誌分類
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-263
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ