神経因性疼痛発症メカニズムと治療 Mechanisms of the development of neuropathic pain and its treatment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山本 達郎 YAMAMOTO Tatsuo
    • 熊本大学大学院医学薬学研究部生体機能制御学 Department of Anesthesiology, Graduate School of Medical Science, Kumamoto University

抄録

神経因性疼痛は、世界疼痛学会の定義によると神経の障害、機能不全、一時的な神経の混乱により発症する疼痛である。その代表的な原因としては、糖尿病、帯状疱疹、がんの化学療法など様々なものがある。その症状は、自発痛としては灼熱痛、電撃痛、さされるような痛み、締め付けられるような痛み、シビレ痛みなどがあり、知覚異常としてはアロディニア (触刺激のような弱い刺激を強い痛みと感じる現象)、痛覚過敏 (痛み刺激を、その刺激強度で通常感じる以上の痛みと感じる現象) などがある。現在、神経因性疼痛は治療法が確立されておらず、治療に難渋することが多い。ハンセン病の後遺症として痛みを訴える患者は多い。この痛みは、らい菌による神経の損傷に発症する神経因性疼痛であると考えられる。従って、ハンセン病患者の慢性神経痛を治療するには、神経因性疼痛の治療の知識を持って行う必要がある。本稿では、神経因性疼痛の発症メカニズムと最近の神経因性疼痛治療の考え方を紹介する。

Neuropathic pain has been known to be refractory to traditional analgesics, such as opioids and nonsteroidal anti-inflammatoy drugs. Some mechanisms of the development of neuropathic pain have been proposed; 1) sprouting of A β fibers to the superficial layer of the dorsal horn, 2) ectopic discharge in the dorsal root ganglion and/or in neuroma at the nerve stump, 3) spinal sensitization. Ectopic discharge has been reported to be inhibited by Na+ channel blocker, such as lidocaine, and anticonvulsant. Lidocaine and anticonvulsant are used in the management of neuropathic pain. Activation of NMDA receptor is usually involved in the development of spinal sensitization and NMDA receptor antagonist, such as ketamine, is used in the management of neuropathic pain. Recently, α2δ subunit blocker, new class of anticonvulsant, is introduced to the management of neuropathic pain. α2δ subunit is the subunit of Ca<sup>2+</sup> channel and modulate the influx of Ca<sup>2+</sup>. This Ca<sup>2+</sup> influx induces release of neurotransmitter in the neuron. α2δ subunit blockers, such as gabapentin and pregabalin, may reduce the release of neurotransmitter and elicit analgesic effect in the treatment of neuropathic pain.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy  

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 77(3), 215-218, 2008-09-01 

    Japanese Leprosy Association

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021952388
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ