顎関節症診療ガイドラインにおける "Clinical Question" の系統的把握のための一般開業歯科医師等へのアンケート解析 Questionnaire analysis of general practice dentists for systematic understanding of "Clinical Questions" for clinical guideline for temporomandibular disorders

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 覚道 健治 KAKUDO Kenji
    • 大阪歯科大学口腔外科学第2講座 Second Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Osaka Dental University
    • 木野 孔司 KINO Koji
    • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 全人的医療開発学系 包括診療歯科学講座 顎関節咬合学分野 Temporomandibular Joint and Occlusion, Comprehensive Oral Health Care, Comprehensive Patient Care, Graduate School, Tokyo Medical and Dental University
    • 湯浅 秀道 YUASA Hidemichi
    • 東海産業医療団中央病院歯科口腔外科 Department of Oral and Maxillofacial Surgery, Branch Hospital of Tokai Municipal Hospital

抄録

現在の診療ガイドライン作成では「ある疾患の患者に, ある治療を行った場合, 行わない場合に比べて, どうなるのか」 (PE (I) CO: Patient, Exposure (Intervention), Comparison, Outcome) という一般臨床におけるクリニカルクエスチョン (clinical question; CQ) を用いることが求められている。<BR>目的: 一般開業歯科医師らに顎関節症治療に対するアンケートを実施し, 顎関節症のどの症状に対して, どのような治療方法が有効かというCQに関して収集し, 解析すること。<BR>対象および方法: アンケート収集は日本歯科医師会が実施し, われわれは個人情報を排した2次データを解析した。対象者は日本歯科医師会一般会員とその施設に勤務する会員および非会員とし, 原則的に系統抽出で一般会員数の1/10を, 年齢群ごとに抽出した。用語の統一は著者らの1人がSPSS社製統計ソフトのテキストマイニングを用いて類似用語をまとめた。<BR>結果: 送付者は5, 999名で, 回収率は23.5%, 1, 412名であった。CQは合計4, 423問で, 不適切CQ (353問) は解析から除外した。その結果, 治療法別有効解析CQ数は4, 070問であった。主たる症状 (3%以上) に対して選択されていた主たる治療法 (5%以上) は32種であった。ガイドライン作成ではこれらの組合せが必要になるであろう。

In current clinical guideline making, we need to adopt the "PICO" acronym: patient (or disease), intervention (a drug or test), comparison (another drug, placebo or test) and outcome of clinical questions (CQ).<BR>Purpose: We carried out a questionnaire survey of dentists in general practice to collate the CQ for the treatment of temporomandibular disorders (TMD).<BR>Subjects and Methods: The Japan Dental Association (JDA) carried out the questionnaire survey, and we analyzed the secondary data, in which personal information had been eliminated. All the subjects were general members of the Japan Dental Association and members and non-members of the JDA working in the participating clinics. One-tenth of the number of general members was extracted in principle for every age group. As for the unification of terms, one of the authors compiled a list of similar terms using the text-mining method.<BR>Results: We sent the questionnaire to 5, 999 dentists, and the response rate was 23.5% (1, 412 dentists). Inadequate and incomplete CQ (353) were excluded from the total analysis set of 4, 423, leaving 4, 070 finally included in the effective analysis set. The main therapies (more than 5%) chosen for main symptoms (more than 3%) were 32 kinds of CQ.<BR>Conclusion: These data and/or combinations should be considered when making the clinical guideline for TMD.

収録刊行物

  • TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌  

    TMJ : journal of Japanese Society for Temporomandibular Joint : 日本顎関節学会雑誌 20(2), 157-165, 2008-08-20 

    The Japanese Society for Temporomandibular Joint

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ