睡眠時無呼吸症候群患者における活性化血小板比率と血中インターロイキン-18, 高感度CRP測定の臨床的意義 Clinical significance of platelet activation ratio, plasma interleukin-18 and high sensitivity C-reactive protein in patients with sleep apnea syndrome

この論文をさがす

著者

    • 岡田 康孝 OKADA Yasutaka
    • 日本歯科大学大学院新潟生命歯学研究科臨床科学系・顎口腔全身病学 The Nippon Dental University, Graduate School at Niigata, Course of Clinical Stomatology Oral and Maxillofacial Surgery and Systemic Medicine
    • 柴崎 浩一 SHIBASAKI Koichi
    • 日本歯科大学大学院新潟生命歯学研究科臨床科学系・顎口腔全身病学 The Nippon Dental University, Graduate School at Niigata, Course of Clinical Stomatology Oral and Maxillofacial Surgery and Systemic Medicine

収録刊行物

  • 日本口腔科学会雜誌

    日本口腔科学会雜誌 57(3), 261-266, 2008-07-10

    日本口腔科学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021952892
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189050
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00290297
  • NDL 記事登録ID
    9616580
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学) // ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-215
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ