病理診断学へのバーチャル・スライド導入による自主学習プログラムの学習効果 Introduction of Virtual Microscopy and Improvement of Self-learning Achievement in a Histopathology Class

この論文をさがす

著者

    • 島津 徳人 SHIMAZU Yoshihito
    • 日本歯科大学生命歯学部病理学講座 Department of Pathology, School of Life Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University
    • 佐藤 かおり SATO Kaori
    • 日本歯科大学生命歯学部病理学講座 Department of Pathology, School of Life Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University
    • 柳下 寿郎 YAGISHITA Hisao
    • 日本歯科大学生命歯学部病理学講座 Department of Pathology, School of Life Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University
    • 青葉 孝昭 AOBA Takaaki
    • 日本歯科大学生命歯学部病理学講座 Department of Pathology, School of Life Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University

収録刊行物

  • 日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education  

    日本歯科医学教育学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Dental Education 24(2), 214-220, 2008-08-20 

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021954013
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10042831
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09145133
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ