消化管内に生息する細菌の現在の分類体系における位置 Phylogenetic Position of Bacteria Detected in the Human Digestive Tract

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 平山 和宏 HIRAYAMA Kazuhiro
    • 東京大学大学院農学生命科学研究科・獣医公衆衛生学教室 Department of Veterinary Public Health, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo

抄録

細菌(原核生物)の分類学は,1980年代中頃から用いられるようになった16S rRNAをコードする遺伝子(16S rDNA)の塩基配列を基とした系統分類により劇的に変化した.現在の分類学によると,ヒトの口腔から大腸にいたる消化管内に生息する菌は,<i>Archaea</i>の2門のうちの1門,すなわち<i>Euryarchaeota</i>門と<i>Bacteria</i>の26門のうちの8門,すなわち<i>Actinobacteria,Bacteroidetes,Fibrobacteres,Firmicutes,Fusobacteria,Proteobacteria,Spirochaetes,Tenericutes</i>の各門に分布している.これらの消化管内に生息する菌およびその近縁の菌について,現在の分類学における位置をまとめた.<br>

According to modern molecular taxonomy, prokaryotes are divided into two domains, Bacteria and Archaea, and subdivided into 26 phyla in the domain <i>Bacteria</i> and 2 phyla in the domain <i>Archaea</i>. Among them, eight phyla of <i>Bacteria, Actinobacteria, Bacteroidetes, Fibrobacteres, Firmicutes, Fusobacteria, Proteobacteria, Spirochaetes</i> and <i>Tenericutes</i>, and one phylum of <i>Archaea, Euryarchaeota</i>, inhabit the human digestive tract, from the oral cavity to the large intestine. This paper describes the phylogenetic positions of species inhabiting the human digestive tract and related organisms.<br>

収録刊行物

  • 腸内細菌学雑誌 = Journal of intestinal microbiology  

    腸内細菌学雑誌 = Journal of intestinal microbiology 22(3), 151-162, 2008-07-01 

    JAPAN BIFIDUS FOUNDATION

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021955996
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11373504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13430882
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ