栂指末節骨の癒合現象を応用し治療を行った上顎前突症例 Review for growth changes of a patient with class II malocclusion using the ossification in the distal phalanx of the first digit as the bone maturity indicator

この論文をさがす

著者

    • 後藤 滋巳 GOTO SHIGEMI
    • 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 Department of Orthodontics, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University
    • 鈴木 信夫 SUZUKI NOBUO
    • 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 Department of Orthodontics, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University
    • 近藤 高正 KONDO TAKAMASA
    • 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 Department of Orthodontics, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University
    • 飯塚 哲夫 IIZUKA TETSUO
    • 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 Department of Orthodontics, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University

収録刊行物

  • 愛知学院大学歯学会誌 = The Aichi-Gakuin journal of dental science  

    愛知学院大学歯学会誌 = The Aichi-Gakuin journal of dental science 33(2), 433-440, 1995-06-30 

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021957612
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00006467
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00446912
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ