開咬および非開咬矯正患者におけるフッ素徐放性接着材からのフッ素イオンの遊離パターン A Site-Specific Study of Fluoride Release from a Light-Cured Bonding Material in Openbite and Non-Openbite Orthodontic Patients

この論文をさがす

著者

    • 飯田 資浩 IIDA MOTOHIRO
    • 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 Department of Orthodontics, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University

収録刊行物

  • 愛知学院大学歯学会誌 = The Aichi-Gakuin journal of dental science  

    愛知学院大学歯学会誌 = The Aichi-Gakuin journal of dental science 34(3), 453-464, 1996-09-30 

参考文献:  47件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021959248
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00006467
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00446912
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ