グラスアイオノマーセメントの口腔外リチャージによる唾液中フッ化物イオン濃度の変化 : GICを付与した可徹式装置装着による検討 Change in the Concentration of Fluoride Ion in Saliva by Extra Oral Recharge to Grass Ionomer Cement : Examination by Wearing Removable Appliance with Installed GIC

この論文をさがす

著者

    • 近藤 憲史 KONDO KENJI
    • 愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座 Department of Orthodontics, School of Dentistry, Aichi-Gakuin-University

収録刊行物

  • 愛知学院大学歯学会誌 = The Aichi-Gakuin journal of dental science  

    愛知学院大学歯学会誌 = The Aichi-Gakuin journal of dental science 44(3), 331-338, 2006-09-30 

    愛知学院大学歯学会

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021963396
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00006467
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    00446912
  • NDL 記事登録ID
    8582286
  • NDL 雑誌分類
    ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-30
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ