ネオスチグミンと硫酸アトロピンがA/J系マウスの口唇・口蓋裂, 胸腺異常発生に及ぼす影響に関する実験的研究 Experimental Study of the Effects of Neostigmine and Atropine Sulfate on Cleft Lip and/or Palate and Thymic Anomalies in A/J mice

この論文をさがす

著者

    • 夏目 長門 [他] NATSUME NAGATO
    • 愛知学院大学歯学部口腔先天異常学研究室 Division of Research and Treatment for Oral and Maxillofacial Congenital Anomalies, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University
    • 原田 純 HARADA JUN
    • 愛知学院大学歯学部麻酔学講座 Department of Anesthesiology, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University

収録刊行物

  • 愛知学院大学歯学会誌 = The Aichi-Gakuin journal of dental science  

    愛知学院大学歯学会誌 = The Aichi-Gakuin journal of dental science 46(1), 55-65, 2008-03-31 

    愛知学院大学歯学会

参考文献:  51件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021964047
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00006467
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    00446912
  • NDL 記事登録ID
    9506251
  • NDL 雑誌分類
    ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-30
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ