ゲンジボタル成虫の発生時期の予測 Estimation of the peak flight season of adult Genji-firefly, Luciola cruciata (Coleoptera)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ゲンジボタル成虫の発生時期を予測するために,京都市右京区清滝,京都市左京区銀閣寺,および滋賀県山東町長岡における成虫発生時期について,幼虫の上陸時期や気温との関係について検討を行った.幼虫上陸数最盛(または初見)日と成虫発光目撃数最盛(または初見)日(ともに1月0日からの日数で示す)の関係は,<BR>成虫発光目撃数最盛(初見)日<BR>=14.23+1.34×幼虫上陸数最盛(初見)日<BR>として示された.蛹期(幼虫上陸から成虫羽化までの全期間)の発育ゼロ点は13.7℃,蛹期の発育を完了するための有効積算温:量は162.6日度と推定された.日平均気温平年値が蛹期の発育ゼロ点を超える蛹期発育開始日平年値から20日間,30日間,ならびに40日間の発育ゼロ点以上の積算温量から,成虫現存数の最盛日は<BR>成虫発光目撃数最盛予測日<BR>=174.8-0.248×有効積算温量20<BR>成虫発光目撃数最盛予測日<BR>=180.2-0.199×有効積算温量30<BR>成虫発光目撃数最盛予測日<BR>=187.1-0,175×有効積算温量40<BR>としてある程度の予測をすることができる.なおこれらの有効積算温量の添字は温量の積算に用いた日数を示し,成虫現存数最盛予測日は1月0日からの日数として表現している.また,この式は京都府と滋賀県の個体群に関するものであり,気温条件の異なる他所への適用に際しては,発育ゼロ点や有効積算温量に関するゲンジボタル地域個体群間の同異について今後の検討を要する.

Methods to estimate the season of adult emergence of Genji-firefly, Luciola cruciata, were presented with analysis on the relations of landing date of mature larvae and emergence date of adults to the air temperature at Kiyotaki and Ginkaku-ji in Kyoto City and Nagaoka in Santo Town, Shiga Prefecture. The peak (or initial) emergence date of adult fireflies (Y) could be estimated from the peak (or initial) landing date of mature larvae (X) as; Y=14.23+1.34×X, where X and Y were presented by days from 1st January. The developmental zero and the effective cumulative temperature during the pupal stage (after the landing of mature larva until adult emergence) were estimated to be 13.7°C and 162.6 degree-days, respectively. Without observation on the landing mature larvae, the peak flight season of adult fireflies (Y, presented by days from 1st January) was possible to be roughly estimated with the cumulative temperature above the developmental zero (13.7°C) for 20, 30 or 40 days after average air temperature exceeds the developmental zero (<SUB>SUB</SUB>20<SUB>/SUB</SUB> or X<SUB>30</SUB> or X<SUB>40</SUB>, respectively) : Y=174.8-0.248×X<SUB>20</SUB>, Y=180.2-0.199×X<SUB>30</SUB> or Y=187.1-0.175×X<SUB>40</SUB>. To generalize these estimations for localities other than Kyoto and Shiga prefectures, we need to compare the developmental zero and cumulative temperature of other local populations.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering  

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 2(2), 205-210, 1999-11-19 

    Ecology and Civil Engineering Society

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021976147
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    4955328
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ