水産工学は海岸生態系保全に何ができるか Roles of fishery engineering in conservation of coastal ecosystems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 谷野 賢二 YANO Kenji
    • 北海道東海大学工学部海洋環境工学科 Department of Marine Sciences and Technology, School of Engineering, Hokkaido Tokai University

抄録

本文では,水産工学のうち,水産土木が海岸生態系保全に果たす役割を考察した.まず,水産土木は海域環境制御技術であること,その制御対象が非生物的環境要因のうちの物理的因子であることを示した.水産土木の役割は環境制御によって生息地の保全,修復と創造を行うことである.<BR>次に,生物と物理化学的環境の関係を明らかにする方法として環境評価の手法を示した.生物にとって海岸における主要な物理的環境因子である波は流れとして取り扱える.流れが生物に与える影響について,振動流水槽実験により直接調べた例を示し,結果の適用にあたっての留意点を論じた.構造物によって環境を制御する場合,副作用(予定しない影響)のあることを指摘した.構造物の主要な材料であるコンクリートは工夫によって生息場としての機能が高まることを示した.

The author examined roles of fishery engineering in conservation of coastal ecosystems. Fishery engineering is a field whereby the marine environment is controlled. It focuses on the physical elements among non-biological factors in order to develop methods for habitat rehabilitation and restoration through environmental control in the coastal environment. In this paper I presented a method for environmental assessment that clarifies relations between marine organisms and their environment. Waves, which are a major physical environmental factor for coastal marine organisms, can be treated as a flow. Regarding the influence of flow on marine organisms, I showed examples of the tests made in oscillating flow tanks and discussed on what should be considered in applying the results. Environmental control by a structure will exert side effects that are not always anticipated before the installation of the structure. Finally, I showed that concrete, a major material of artificial structures, could enhance habitat function as substratum for marine organisms when efforts would be made toward this end.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering  

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 3(1), 21-27, 2000-07-21 

    Ecology and Civil Engineering Society

参考文献:  36件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021976209
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    5473334
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ