魚道の評価をめぐって On evaluation of effectiveness of fishway

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

魚道の機能評価について,従来の評価を概観し,望ましい評価のあり方を考察した.魚がのぼりやすい川づくり推進モデル事業(1991)以降,魚道が多数造られた1994年以降に砂防学会で発表された魚道関係の講演や論文を調べたところ,限定的な条件下での遡上実験によって効果を推定するものが大半であった.大ダムである小牧ダムの魚道は,魚を遡上させることは可能であったが,最終的に失敗に終わり,単に魚を遡上させること以外のさまざまな要素が関係していることが示唆された.現在の魚道技術の粋を集めて造られた長良川河口堰の魚道については,設置者側が魚道を遡上した魚の個体数などをもとに効果があるとしているものの,独自に魚道の効果や堰の影響を調査している研究者らはアユ,サツキマスなどの生態への堰の影響は大きいとし,魚道の効果に対し厳しい評価をしている.このように,従来の魚道の評価の多くは限定的な条件下での遡上実験によるなど,魚道の機能の一部を取り上げたものであり,これでは不十分である.本来そこに生息していた魚が,特別の保護手段なしに世代交代できる環境を保証するという理念に照らせば,魚の生活にどのような影響を与えているかという総合的な評価が必要である.実際的な調査として,個体群動態に基づいた手法を提案する.水系といったまとまった地域における魚の全体的な分布,季節的な分布・移動や年齢構成・性比などを把握することにより,ダムや魚道の影響を総合的に評価することができる.個体群生態学に基づいた調査の指針を開発すべきである.

Evaluation methods for fishways in Japan were reviewed and some proposals were made on their improvement. A major problem in the methods was lack of a holistic view in the role of fishways. Most of previous fishway evaluations were based on experiments using stocked fish in the fishway to examine possibility of their upstream movement. In the case of the fishway of Komaki dam with 79.2 m in height, fish passing through the dam were few in number in spite of the effectiveness of the fishway itself. The monitoring data on the fishways of the Nagara Rivermouth Barrage have been examined by several scientists and arguments on the environmental influence of the barrage were made based on their evaluation. They claimed that environmental change accompanied with the construction of the barrage made degradation of the fish population in spite of the ability of the fishways. These results suggested that we should consider a number of factors for estimating on fishway performance, including those outside the fishway. This means fishways should be evaluated from the aspect of the survival of fish populations. The function of fish passage is not the purpose of a fishway but a part of conservation of fish population. We should include dam effect estimation in a fishways evaluation program. For this purpose, required are approaches from fish population ecology such as investigation of longitudinal distribution and seasonal pattern of migration in each age of the fish population. Now practical guidelines for the method of evaluation should be developed.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering  

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 3(2), 199-208, 2000-12-21 

    Ecology and Civil Engineering Society

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021976620
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    5618091
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ