自然再生事業区域釧路湿原広里地区における湿原環境の実態 : 植生と環境の対応関係からみた攪乱の影響評価 Ecological aspects of Hirosato restoration area in the Kushiro Mire : Impacts of artificial disturbances on the relationship between distribution of vegetation and hydrochemical environments

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山田 浩之 YAMADA Hiroyuki
    • 北海道大学大学院農学研究科地域環境学講座 Department of Agricultural Engineering, Graduate School of Agriculture, Hokkaido University
    • 仲川 泰則 [他] NAKAGAWA Yasunori
    • 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション北管理部 Northern Forestry Research and Development Office, Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University
    • 中村 太士 NAKAMURA Futoshi
    • 北海道大学大学院農学研究科森林管理保全学講座 Department of Forest Science, Graduate School of Agriculture, Hokkaido University
    • 渡辺 綱男 WATANABE Tsunao
    • 環境省自然環境局東北海道地区自然保護事務所 Eastern Hokkaido Regional Office for Nature Conservation, Nature Conservation Bureau, Ministry of the Environment

抄録

釧路湿原再生事業対象地である広里地区での植生と環境要因の対応関係を整理することにより,地区内に存在する放棄農地や増加したハンノキ林に対する劣化の評価及びその劣化原因を検討した.主要な植生は7タイプに分類され,放棄農地部分では牧草種等からなる乾性草原植生タイプが優占し,地区内部ではハンノキやムジナスゲなどからなる湿原植生タイプが優占した.植生データと環境データによるCCA(正準対応分析)では,次の2つの傾向が主な特徴として抽出された: 1)地区内部に分布する湿原植生タイプから放棄農地に分布する乾性草原植生タイプへの移行と対応した地下水位の低下,2)ハンノキ優占タイプから他の湿原植生タイプへの移行と対応した地下水位の上昇·土壌水窒素濃度の低下・土壌水リン濃度の上昇.放棄農地における乾性草原植生は,隣接する雪裡川の分断に伴う著しい地下水位の低下により,かつての湿原植生から変化して生じたものであると考えられ,湿原生態系の深刻な劣化が生じていると評価された.ハンノキ林では,周辺の湿原群落との植生的な相違が比較的小さく,劣化の程度はまだ小さいものであると評価された.また,ハンノキ林の分布には高水位時の水文特性が強く影響していることが明らかとなったが,ハンノキ林の増加をもたらした決定的な環境変化や具体的な人為的攪乱との関連性を特定することはできなかった.

Deteriorations of vegetation and hydrochemical environments were examined in the Hirosato restoration area on the margins of Kushiro Mire, where agricultural land use and a drastic increase of alder forest have influenced the ecosystem for the last past halfcentury. The vegetation was classified into seven types, where the meadow types dominate in the pasture area and the alder or fen types are distributed in the mire area. A following Canonical Correspondence Analysis shows two major results: 1) A vegetation gradient from the mire area to the pasture area corresponding to the obvious lowering of the groundwater level, 2) A vegetation gradient from the fen types to the alder types in correspondence to the lowering of the groundwater level and to the decrease of phosphorous concentration coupled with the increase of nitrogen concentration in soil water. The intense decrease of the groundwater level in the pasture area due to the diversion of the neighboring river has probably changed the mire vegetation into meadow vegetation, indicating that serious deteriorations have been introduced artificially. In the mire area, the distribution of the alder forest was mostly affected by hydrological regime in flooding, yet artificial influences could not be specified.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering  

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 7(1), 53-64, 2004-08-30 

    Ecology and Civil Engineering Society

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021976889
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    7088333
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ