PHSを用いた都市域におけるタイワンリス (Callosciurus erythraeus) の移動追跡 Tracking of alien Formosan squirrels by PHS (Personal Handyphone System)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

神奈川県横浜市戸塚区の住宅地の中に点在する小緑地において,外来種タイワンリスの緑地間移動を追跡するために,人間用に市販されているPHS端末機を装着し,位置情報を記録した.4個体について9日から21日間の追跡が行われ,捕点成功率は60-80%であった.このうち,3個体は捕獲された緑地内に留まったが,1個体は約3km<SUP>2</SUP>の範囲に点在する緑地間を行き来していることが示唆された.PHS法は市街地における動物の移動追跡に有用な手法であると考えられるが,今後さらに軽量化,受信期間の延長などの改良が望まれる.

The alien Formosan squirrels were introduced into Kamakura City, Japan in the 1950s. Recently they have been spreading through eastern Kanagawa Prefecture. In order to know the movement of this species in urban environments, PHS (Personal Handyphone System) were equipped to 4 individuals captured in a woodlot surrounded by residential area. The durations of tracking were 9-21 days and 60-80% of points were successfully acquired. One of the 4 individuals moved to other woodlots within 3 km<SUP>2</SUP> area by crossing the residential area. The PHS was a useful tool to track the animals in urban environments, if it only became smaller in size and sustained for longer time.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering  

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 8(1), 35-40, 2005-08-08 

    Ecology and Civil Engineering Society

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021977405
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    7454279
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ